裁判など他人事ではなく、自分ごとになるかもしれない。

日常での暮らしを守る

自分の権利を守るために法律を武器にする

争いごとは、できるだけ避けたいものです。しかし、そうは言ってられない状況になるかもしれないのが現代社会ではないでしょか。企業では、社会に対しての責任も伴ってくるのでしょうから、法律の原種はもちろん、労働者に対しても違法行為は許されたものではありません。しかしながら、企業と個人とでは、企業の方が圧倒的に強者であることは言うまでもありまえん。世の中の役に立ってこその企業であると、近江商人は説いたようですね。売り手よし、買い手よし、世間よしの三方よしと知る精神。その精神だけでは、トラブルを回避できないのも現実でしょう。企業を守るためにも専門家のバックアップがあれば心強いと思うのは、弱気なのでしょうか。

自分や家族を守る法律に

労働者として、また個人としても自分の権利や主張を守ることも人が生きていく上で大切なことでしょう。しかし、法律ばかりを気にして本業がおろそかになっても、いけないですよね。
でも、法律のことで、困った時には、無料で相談できる「法律相談」」なども役所内であるのを利用するのも良いかもしれないですね。
今は、どうか定かではありませんが、20年ほど前のこと。私の個人的な事で、弁護士さんに相談したくて探しておりました。
しかしながら、どなたかの紹介でないとあってくださらないと、門前払に近い状態であったこともありました。
また、弁護士は、広告などを出来ない、といった、取り決めもあったようですし。今では、簡単にインタネットやメールで弁護士を探すこともできますがね。