裁判など他人事ではなく、自分ごとになるかもしれない。

権利主張で攻める

法律を武器に意義を表現する

個人で何かおかしいという意義を表現したい場としてデモ更新もありますね。
それは社会問題としての表現でしょうが、個人的な事例では、裁判に持ち込んだり、簡易裁判なども方法があるのでしょう。
しかし、やり方を間違えたり、間違った方法をとると、相手がたに対して、話が決裂してしまう可能性もありますよね。なので、そこは専門家に相談するのも良いとは思うのですが、何しろ、弁護士に説明するだけで精根尽きてしまうこともなきにしもあらず。また人と人とのことですので、弁護士さんとの相性が合わなくなった場合もあります。そして、一人ではなく、複数の弁護士さんに相談できるといですね。一般的に、訴訟などをすることを前提として、横柄な態度でない方に弁護して欲しいのですが、こちらの目的もしっかり聞き入れて下さる方が望ましいですね。

個人の権利主張を表現

訴訟を起こすことになる可能性も視野に入れて、弁護士に相談するとしたら、どんな弁護士さんに相談すれば良いのかしらね。もしくは、相談することを知らないで泣き寝入りしている場合もあるかもしれないですね。
世の中でもたくさんの事例があるのですが、皆さん、これから、このようなことがないように、訴訟をするという言葉を耳にすることが多々あります。
人地一人が、尊厳を守られて、そして譲れるところは、譲り合って、平和な暮らしが利用ですが、なかなかそんなことばかりではないのが実情ではないでしょうか。
これからの平和のためにも、主張すべきところは、主張できるように、上手に弁護士さんの力を発揮できる世の中であることを願います。